甲状腺最新ガイドトップ > 甲状腺の検査超音波検査

超音波検査

小さなしこりも見逃さない超音波検査

甲状腺の病名や、はれ・しこりは、触診でもある程度調べることができますが、小さな異変を見極めるには限界があります。そこで甲状腺の状態を正確に把握するため画像検査をおこないます。

甲状腺での画像検査にはいくつかの方法がありますが、なかでも人間の耳には聞こえない高音を調べたい部分に向け、跳ね返ってくる反射波解を析し画像下するエコー検査(超音波検査)は、触診ではわからない小さな意しこりを発見することができ、病気の早期発見に効果を発揮します。

超音波検査は安全性と確実性を持ち合わせているため、現在もっとも多く利用されている画像診断法になっています。

検査方法について

検査をするときは超音波を通し易くするために、ゼリー状のものを首に塗り、そこに受診端子を当てて検査します。なお、首に塗ったゼリー状のものは検査終了時にふき取ってくれます。
所要時間は5分〜10分と短い検査です。検査そのものに痛みや苦痛がまっくないため、体への負担を心配する必要はありません。

検査で得られた画像は検査部位を切り開いたかのような画像で、甲状腺の様子がひと目でわかります。また、超音波検査で得られる情報は幅広く、腫瘍の成長具合や、腫瘍の種類、良性か悪性かの判断など多岐にわたります。

妊婦も受けられる検査方法

超音波検査の利点は、放射性物質を使用するシンチグラム検査とは違い、放射線を浴びることがないため、必要であれば何回でも繰り返し検査ができることです。また、放射線の心配がないので、妊婦でも安心して受けられる検査方法です。

超音波検査は機器の飛躍的な向上により、CTスキャンにも匹敵する解像度を持つ装置も登場しています。そのため、病変が甲状腺の奥のほうにあった場合や、きわめて小さな腫瘍であっても見逃すことなく確認することができます。

現在、エコー検査(超音波検査)は、甲状腺の診断を下すうえで、もっとも重要な検査といえます。

スポンサードリンク

超音波検査は以下のカテゴリに属しています。

HOME
甲状腺について知ろう
甲状腺の病気って
甲状腺の腫瘍のあれこれ
当サイトについて

Copyright(c) 甲状腺最新ガイド All rights reserved .