甲状腺最新ガイドトップ > バセドウ病バセドウ病の人の妊娠・出産

バセドウ病の人の妊娠・出産

バセドウ病の母体への影響

女性の場合、妊娠・出産・育児に対して不安を抱くのはもっともなことです。
しかし、「バセドウ病であっても甲状腺ホルモンの血中濃度を正常範囲に維持している限り、健康な人と変わらない」ことが大前提なのです。

甲状腺機能に異常があると月経周期に異常をきたしたり、無月経になる症状を伴うことがあります。
しかし、適切な治療をおこないホルモンの濃度を正常に保っていれば、出産・妊娠には問題が生じることはありません。

バセドウ病の治療薬の抗甲状腺薬は、甲状腺ホルモン薬とは違い胎盤を通過してしまいます。
ただ、お母さんの甲状腺機能が正常であれば、胎児の甲状腺機能も心配ないことがわかっています。

妊娠・出産について

妊娠での注意点は、甲状腺機能が亢進していると早産・流産のリスクが通常の2倍になることです。しかし、ホルモン濃度を一定に保つことで予防はできますので、医師の指示に従って適切な治療を続けることが大切です。妊娠によってバセドウ病の症状が軽くなる場合がありますが、病気が完治したわけではありませんので油断してはいけません。

出産後6ヶ月間は、再発など一過性の変化を起こしやすい期間なので、定期的に検診を受けることを忘れないでください。また、母親がバセドウ病でTSH受動体抗体が高すぎると、新生児にも甲状腺機能亢進症が起きることがありますが、一時的な現象の場合が多いので心配はする必要はありません。

授乳について

抗甲状腺薬のチアマゾール(メルカゾール)は乳汁に分泌されるため、赤ちゃんに影響を与えてしまいます。服用の量を最小限にすることで対応もできますが、治療上大量のチアマゾールが必要にある場合もあるので、出来るなら授乳中はプロパジールやチウラジールを服用するほうが賢明です。
治療効果などの理由でチアマゾールしか使えない場合には、主治医と相談してください。

スポンサードリンク

バセドウ病の人の妊娠・出産は以下のカテゴリに属しています。

HOME
甲状腺について知ろう
甲状腺の病気って
甲状腺の腫瘍のあれこれ
当サイトについて

Copyright(c) 甲状腺最新ガイド All rights reserved .