甲状腺最新ガイドトップ > 橋本病LDLコレステロールと橋本病

LDLコレステロールと橋本病

一般の血液検査でみつかることも

甲状腺機能低下症である橋本病は、その症状から肝臓病などほかの病気と間違われることが多い病気です。また、症状がでない初期の段階では発見されにくい病気でもありますが、一般的な健康診断の血液検査でみつかる場合があります。

LDLコレステロールと橋本病の関係

血液中の「LDLコレステロール」は脂肪分の多い食事を取り過ぎると高い数値を示し、「脂質異常症」と診断されることが一般的です。この甲状腺と何の関係もないようにみえる「LDLコレステロール値」ですが、甲状腺機能低下症によるホルモン不足がある場合にも、数値が高くなる特性があります。

甲状腺機能低下症になると、体中全ての細胞の代謝スピードが遅くなります。コレステロールを分解をしている肝臓も、当然代謝スピードが遅くなるため、血液中のLDLコレステロールの濃度は上がってしまうのです。この状態を放置してしまうと、脂質異常症ではないのに「高LDLコレステロール血症」となり、動脈硬化や心筋梗塞を発症する引き金にもなりかねません。

甲状腺の専門病院では、甲状腺機能低下症の診断をおこなう際に、補完的にLDLコレステロールの値を調べることがあります。血液中のLDLコレステロール値が高いときには、脂質異常症は勿論、橋本病の疑いも考慮する必要があるのです。

レステロール値が高い場合は注意が必要

LDLコレステロール値は健康診断で必ず測定される項目です。健康診断などでLDLコレステロール値が高いといわれた人のなかで、くびのはれや全身の倦怠感、むくみ、体力の低下、脈拍数の低下、便秘、集中力や行動力の低下、月経の異常など橋本病と思われる症状がある場合には、甲状腺の機能が低下している可能性がありますので注意が必要です。

スポンサードリンク

LDLコレステロールと橋本病は以下のカテゴリに属しています。

HOME
甲状腺について知ろう
甲状腺の病気って
甲状腺の腫瘍のあれこれ
当サイトについて

Copyright(c) 甲状腺最新ガイド All rights reserved .