甲状腺最新ガイドトップ > その他甲状腺の病気甲状腺機能低下症の種類(原発性・続発性)

甲状腺機能低下症の種類(原発性・続発性)

甲状腺機能低下症の種類

甲状腺のはたらきが低下して甲状腺ホルモンの分泌が減少してしまう病気としては「原発性甲状腺機能低下症」と「続発性甲状腺機能低下症」があります。

原発性甲状腺機能低下症とは、橋本病のように、甲状腺そのものに異常が生じて機能が衰える病気の総称です。逆に甲状腺そのものに異常はないものの、脳の視床下部や下垂体などに異常が生じ、ホルモンの生産・分泌が低下してしまう病気を「続発性甲状腺機能低下症」といいます。

続発性甲状腺機能低下症について

この病気は甲状腺自体に異常がありません。原因は甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌にかかわる脳の視床下部や下垂体に何らかの異常が生じることであり、「下垂体粘液水腫」ともいわれます。また、出産時の大量出血が原因となって、下垂体の血流が悪くなり、機能異常をきたした結果、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が減少する「シーハン症候群」も続発性甲状腺機能低下症のひとつです。このシーハン症候群は、放射線治療、脳腫瘍、頭部のけがなどが原因となって男性にも起こることがあります

症状について

甲状腺刺激ホルモン(TSH)を初めとし、副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモン、乳汁分刺激ホルモンなど、様々な内分泌腺をコントールする脳の下垂体に支障をきたすため、全身に多種多様な症状が現れます。主な症状としては、低血糖、低血圧、全身性の脱毛、無月経、乳汁分泌障害、性欲低下などがあげられ、不妊の原因になる場合もあります。

続発性低下症の治療について

まず、甲状腺の機能低下が甲状腺自体の異常(原発性)なのか、下垂体など甲状腺以外の異常(続発性)なのかを判断をする必要があります。甲状腺以外の異常(続発性)である場合、副腎の機能も低下していることが多いので、まず副腎皮質ホルモン薬により、副腎機能をある程度回復させ、それから甲状腺ホルモン薬の服用を開始します。

また、下垂体の機能低下による低下症についても、必要に応じてホルモン補填の治療がとられる場合があります。

スポンサードリンク

甲状腺機能低下症の種類(原発性・続発性)は以下のカテゴリに属しています。

HOME
甲状腺について知ろう
甲状腺の病気って
甲状腺の腫瘍のあれこれ
当サイトについて

Copyright(c) 甲状腺最新ガイド All rights reserved .