甲状腺最新ガイドトップ > その他甲状腺の病気クレチン症(原因・症状・治療等)

クレチン症(原因・症状・治療等)

先天的な病気、クレチン症とは

クレチン症とは先天的に甲状腺がない、小さい、機能に支障があるなどのことで甲状腺のはたらきが不十分なため起こる病気です。約8000人に1人の割合で現れますが、生後3ヶ月以内に治療を始められれば、問題なく発育することができます。

このように具体的な数字が出せるのは、生後5日以内に血液検査をする制度があるからです。クレチン症の有無は、この生後5日以内の採血(新生児マススクリーニング)によって発見ます。新生児マススクリーニング制度が極めて有効に機能しているため、現在ではクレチン症を発症する新生児は激減し、患者数も減少傾向にあります。

原因について

クレチン症は先天的な病気です。その発症原因は解明されていませんが、甲状腺機能に支障がある、甲状腺ホルモン分泌能力がないなどが原因で起こる病気です。また、まれなケースですが、脳の下垂体や視床下部の異常が原因で生じることもあります。

母親が甲状腺機能低下症の場合、子供への影響を心配する方がいますが、影響が新生児に現れることはあっても、新生児の甲状腺機能がはたらき始めれば解消されます。
なお、クレチン症は国の小児慢性特定疾患に指定されています。

症状について

胎児や新生児にとって、甲状腺ホルモンは順調に発育・成長するために必要不可欠なホルモンです。この時期に甲状腺ホルモンが不足すると、神経系の発達がおぼつかず、知能、体の成長も難しくなります。生後数ヶ月が経過すると、両目がはなれ、唇が厚く、鼻の幅が広いなどの顔つきになっていきます。さらに成長するにしたがって、手足が短く、おなかが膨れた体系になっていきます。内臓など全体的な発達も未熟なまま経過してきます。

治療について

発症の原因は明らかではないものの、甲状腺ホルモンの不足を改善すれば治療できるものです。成人の甲状腺機能低下症と同様に、甲状腺ホルモンの補充をすることになります。クレチン症と判断された場合には、原則として甲状腺ホルモン薬は生涯のみ続けることになります。
そのため、医師の適切な治療のもと、年齢や成長段階に応じて薬の量を調節し、経過を観察していきます。

スポンサードリンク

クレチン症(原因・症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

HOME
甲状腺について知ろう
甲状腺の病気って
甲状腺の腫瘍のあれこれ
当サイトについて

Copyright(c) 甲状腺最新ガイド All rights reserved .