甲状腺最新ガイドトップ > 甲状腺の腫瘍甲状腺がんの検査

甲状腺がんの検査

悪性腫瘍の検査方法

一般的には、甲状腺がんかどうかの検査では、触診、超音波検査がおこなわれます。
良性の場合は、触るとクリクリとした感触があるので触診でも診断がつきますが、悪性の腫瘍は、表面がデコボコで弾力もなく、周辺組織への癒着が多ため触診だけでは判断しずらい部分があります。

そのため甲状腺がんの検査では、CT(コンピューター断層撮影)検査や、MRI(磁気共鳴画像)検査をおこない、腫瘍が悪性かどうかを判断していきます。この検査をおこなうことで、ある程度の診断はつきますが、正確な診断とがんの種類を調べるために「穿刺吸引細胞診」もおこなわれます。

極小サイズの腫瘍も見逃さない超音波検査

超音波検査では、しこりが数や、性状、周辺組織への影響を調べていきます。触診でわからない数ミリと極めて小さな腫瘍までを識別できるため、がんの早期発見に威力を発揮します。
なお、整った形をしていて、他の組織との境界線もなめらかである場合は良性の腫瘍です。超音波検査は90%の高確率で、良性か悪性かを正しく見極めることがでる非常に有効な検査方法です。

がんの種類を特定する刺吸引細胞診

刺吸引細胞診検査では、細胞ががん化しているかどうかを直接細胞を採取して調べます。
この検査では、超音波検査装置で腫瘍を確認しながら、皮下注射に使われる細い針を刺していきます。これを「エコーガイド穿刺吸引細胞診検査」といいます。針を刺す方向や位置などはエコー画像で確認しながらおこなえるので、安全性は勿論、正確に腫瘍を穿刺吸引することができます。

穿刺吸引した細胞は、病理の専門医によって病変の有無などを調べ、最終的な判定がくだされます。この細胞診は、腫瘍が良性か悪性かの判断はもとより、乳頭がんなどはほぼ100%の確定診断ができるので、甲状腺がんの決め手となる検査方法です。

検査入院が必要なことも

まれなことですが、穿刺吸引細胞診検査をおこなっても判別がつかない、あるいは悪性である疑いを否定できない場合もあります。このようなときは、入院をして腫瘍部分を手術で直接切除し、切り取った腫瘍を顕微鏡で調べる「病理検査」をおこなうことで、がんかどうかの判断をしていきます。

スポンサードリンク

甲状腺がんの検査は以下のカテゴリに属しています。

HOME
甲状腺について知ろう
甲状腺の病気って
甲状腺の腫瘍のあれこれ
当サイトについて

Copyright(c) 甲状腺最新ガイド All rights reserved .